新入社員には特に意味がある?ビジネス研修

>

周囲との関係性の構築

同期との関係性

環境が新しくなることで発生する問題の一つが、同等な関係性での人間関係です。
仲の良かった友達と離れることもしばしばあり、自身と同等な立場にある同期と仲良くなる機会は意外とありません。

そこで役に立つのが、ビジネス研修です。
新入社員同士が同じ指導を受ける中で親近感を覚え、ビジネス研修中の交流も新しい友好関係の構築の一助になります。

また、部署や会社の垣根なく行われるビジネス研修も増えており、このような研修においてはより広いコミュニティーの知り合いを作ることで、新入社員の心理的ストレスを減らることができます。

そして、ビジネス研修で行った交流時のコミュニケーションが、実際の仕事にとりかかった際に必要となるコミュニケーションを行うことの一助となります。

同期以外との関係性

通常業務ではなかなか話をしにくい人に対して、関係性を作ることができるのもビジネス研修の利点の一つです。

ビジネス研修では直接的な上司以外の上司や、普段顔を合わせることのないような上役が来ていることがあります。
研修において発表や議論での意見を直接的に聞いてもらうことで、その後に意見を聞き、交流を持つことができます。
そのことにより、良い意見を出せば顔を覚えてもらうことができることや、直接話をする機会があれば面識を持つことができるといったような利点があります。

また、ビジネス研修で先輩社員や上役のスキルを感じることで、新入社員の向上心を刺激することができます。
実務に携わる際に足りないスキルを学ぶ姿勢を身につけるという点においてもビジネス研修は有用です。


この記事をシェアする