新入社員には特に意味がある?ビジネス研修

>

凝縮した業務体験

企業との思考の一致

企業は新入社員に組織が求める役割をこなし、企業組織を維持・発展させることに貢献できるようになることを求めています。
そのために必要となる知識や企業の方針・理念はそれぞれの企業によって異なります。

そこで、ビジネス研修で新入社員は企業理念を疑似的な業務で実感することで、その企業が求めることをより理解することができます。

また、役職のあるような先達や社会的に認められた人物の話を聞き、憧れることで思考回路や身につけている技能を理解することができます。
このことが自身の目標とする人物像の構成にもつながり、より具体的に何をすべきであるかということを理解することにつながります。
そして、そのことが新入社員の技能の向上につながり、昇進や昇給を促し、モチベーションの向上や維持につながります。

濃密な体験による成長

ビジネス研修では新入社員に実務よりも厳しい日程の業務や、経験が豊富に必要な難しい案件を体験させることができます。

実際の日程よりも厳しいものを体験することで、実際には経験を積んだ後などすぐには経験できない体験をでき、少し先の具体的な目標として、その仕事をこなすことができるようになるということをイメージできます。

また、最初は行わないような厳しい日程や難しい案件を体験させることで、特別優秀な人物やより向上心を持ち合わせている人物などを新入社員の中から見つけ出すことができます。

そして、企業は新入社員の能力値や考えを考慮してそれぞれの新入社員の配属先を考えることができ、
各配属先と新入社員の双方により良い環境を構成していくことができます。


この記事をシェアする